ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 病院からのお知らせ>
  3. 記事詳細

ページの本文です。

病院からのお知らせ

JCI認証を更新しました

2017年2月18日、3年間に及ぶ準備、5日間に渡る品質と患者安全の厳密な審査を経て、当院はJCI(国際的病院評価機構)より認定更新を認められました。
当院は2013年11月に初回認証を取得いたしましたが、JCI認証は3年毎に再度認証が必要となります。

審査内容は、治療・ケアの質、組織の安全管理、感染予防体制、職員教育、患者と家族の権利の順守など、患者さんや家族に安全で質の高い医療を提供するための、あらゆる側面を評価します。

評価項目は14チャプターにわたって計1100個以上あり、非常に厳格かつ詳細な審査が行われます。

JCIは「実践」に重きを置いた認証であり、審査期間以外も、常にJCIの基準が遵守され、正しい運用が継続されていることが望まれます。
そのため医療職から事務職、委託業者職員まで院内で働く全スタッフが審査対象となり、また前回指摘を受けた項目については、その次の審査時の評価水準が引き上げらるため、継続的な改善活動が求められます。

今回の当院の審査結果は1,100を超える審査項目のうち、「NotMet(未達成)項目が0個、PartiallyMet(一部)達成が11個」と、認証病院の中でも非常にレベルの高い成績であるとの評価を受けました。

 
今回審査官リーダーをつとめたロバート・クリスマス氏からは、「済生会熊本病院は幹部メンバー、職員一人ひとりから品質改善・患者安全向上にかける決意が感じられました。これは世界中のJCI認証病院と比較しても、非常に素晴らしい貴院の強みだ」とのお言葉を頂きました。

審査期間中は、数名の患者さんに審査官が治療についての質問を寄せる一幕もございましたが、快くお答えいただき、誠にありがとうございました。

今後とも、引き続き医療の質改善へ向けた取り組みを続けてまいります。

【JCIとは】米国の医療機関を対象とした第三者評価機構Joint Commissionの国際部門として1994年に設立された医療機能評価機構です。
「医療の質と患者安全の継続的な改善」を目的として、世界60カ国以上における医療機関および政府機構を支援しています。
世界保健機構(WHO)に承認されているJCIは、世界において最も高レベルの医療機関へ認定を授与します。
JCI基準を満たし認定される病院は、品質と患者安全において、世界の病院の上位2%程度と言われています。

審査官ロバート・クリスマス氏と副島院長、全体の写真 

病院からのお知らせ トップへ戻る


ページの先頭へ