ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 病院からのお知らせ>
  3. 記事詳細

ページの本文です。

病院からのお知らせ

2017.10.13 さいくま健康セミナー「大人になった先天性心疾患」REPORT①

2017年10月13日(金) 、当院の外来がん治療センター・コングレスルームにて、第一回目のさいくま健康セミナー「大人になった先天性心疾患」を開催致しました。

当日は20代の若い方や、実際に先天性心疾患と診断された方など8名の一般参加者を含む、計17名が参加されました。

はじめに中尾院長からご挨拶いただき、3人の先生方に講演頂きました。

■さいくま健康セミナーって?

「あらゆる病気の原因や症状、治療法や予防方法を当院のそれぞれの専門医師が説明し健康促進を目的として発足しました」

今後も、皆さんからの要望を受けながら、平日日中に開催をしていく予定です。

是非ご参加ください。

心臓血管センター開設40周年を記念して、全3回のハートセミナーを開催する予定です(随時ホームページにて公開予定)。

・第1回:6/10不整脈(別名:市民公開講座)

・第2回:10/13先天性心疾患(別名:第1回さいくまセミナー)

・第3回:2月頃心筋梗塞(予定)

講演①:板東 美佳(循環器内科主任医員)/「成人先天性心疾患について」

先天性心疾患とは?

 先天性心疾患=生まれつき心臓や血管の形が、正常とは違う病気のことを指します。心臓の形成は、受精後3週間で始まりますが、お母さんのおなかの中にいる間に心臓や血管の形成に異常が生じたものを指します。原因は、お母さんが風疹などに感染していた場合や、糖尿病や膠原病などの病気を持っていた場合、アルコール、リチウム、サリドマイドなどの薬剤による影響を受ける場合、そしてダウン症候群(21トリソミー)、13トリソミー、18トリソミーなどの染色体・遺伝子異常があげられます。最近では、妊婦のワクチン接種によるウイルス感染の減少により、先天性心疾患の頻度は減少傾向です。

およそ100人に1人(約1%)、年間1万人の赤ちゃんが先天性心疾患をもって生まれます。

「非チアノーゼ性心疾患」と「チアノーゼ性心疾患」

先天性心疾患は大きく「非チアノーゼ性心疾患」と「チアノーゼ性心疾患」に分類され、それぞれ病気が分類されます。チアノーゼ、つまり皮膚や粘膜が青紫色になるかならないかが見分けるポイントです。チアノーゼ性心疾患にはファロー四徴症、完全大血管転位症、三尖弁閉鎖症、肺動脈閉鎖症などがあり、幼いうちに発見されることが多い病気です(全体の30%~40%)。

対して非チアノーゼ性心疾患は見た目にはわからず、大人になってから心電図の検査で異常を指摘され、精密検査の結果先天性心疾患があったと判明することがあります。

非チアノーゼ性心疾患は先天性心疾患の60~70%を占め、病名としては心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、房室中隔欠損症、動脈管開存症などがあります。

20171024heart.gif

85%の患者さんが、大人になるまで気づかない!?

 先天性心疾患に気づかないまま大人になった患者さんを「成人性先天性心疾患」と呼び、今回のテーマでもあります。
病気に気づかないまま普段の生活をしていていると
、次の症状が現れることがあります。

•同期・息切れ
•疲れやすい
•むくみ
•めまい・立ちくらみ失神
•咳
•チアノーゼ


85%の患者さんが大人になるまで自分が先天性心疾患であると気づかないとされ、現在約50万人の患者さんがいると推測されています

成人性先天性心疾患で最も多い疾患は「心房中隔欠損症」

心房中隔の発生途上で発育が停止し、心房中隔の一部もしくは全部が欠損し、血流に異常を来します。全先天性心疾患の約10%を占め、男女比 1:2と女性に多くみられます。孔は自然に閉鎖しないため、40歳以降の成人先天性心疾患の中で最多の疾患です。左房から右房へ流れ込む血流が多い場合には40歳頃までに動くと息切れがしたり、動悸や疲労感がみられます。また心房負荷による心房細動などの不整脈が増加したり、まれに静脈血栓による塞栓症(奇異性塞栓)や脳梗塞を生じることがあります。

以下のように、先天性心疾患の成人期には、いろんな問題点が生じる恐れがあります。

1.生涯歴、生命予後、生活の質、職業の選択
2.手術、再手術、術後遺残症、続発症、合併症
3.心カテーテル検査、カテーテル治療
4.非心臓手術
5.妊娠、出産、遺伝
6.不整脈(上室、心室頻拍、徐脈)
7.心不全
8.チアノーゼに伴う全身系統的合併症
9.感染性心内膜炎
10.加齢、生活習慣病の合併による病態の修飾
11.突然死
12.肝機能異常、肝硬変(輸血後肝炎)
13.自分の病気、病態の認識
14.社会保障(健康保険、生命保険、身体障害者、年金)
15.運動能力、可能な運動程度、内容
16.飛行機旅行、運転免許の可否

DSC_0004.JPG




講演②:押富 隆(心臓血管外科診療技術教育・手術管理部長)/「心房中隔欠損症の外科手術とは」
講演③:鈴山 寛人(循環器内科医員)/「心房中隔欠損症をカテーテル治療で治す!」

済生会熊本病院 電話:351-8000 (代表)

病院からのお知らせ トップへ戻る


ページの先頭へ