ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 当院の発行物

ページの本文です。

当院の発行物

最新の記事一覧

希望のひろば vol.45

【特集】
 手術支援ロボット「ダヴィンチ」による前立腺がん手術が120症例を突破

【読ッター】
 当院の医師が選んだ 「心に残った本」をご紹介します。

【医療のかけはし】
  済生会熊本病院の連携病院紹介:桜十字病院

【診療の最前線】
 脳動脈瘤クリッピング術に新システム導入

【院の下の力もち~済生会熊本病院のお仕事紹介】
 File2:医療秘書

【おいし医ひと皿:管理栄養士によるレシピ紹介】
 夏ばて疲労対策レシピ

【News&Topics】
 :4コママンガ 「サイ!セイカイ」

PDFを新しいウィンドウで開きます。

希望のひろば vol.44

【巻頭】
 JCIを取得しました

【診療の最前線】
 TAVI 南九州初の認定施設に

【医療のかけはし】
  済生会熊本病院の連携病院紹介:御幸病院

【管理栄養士がアドバイス】
 食事で出来る花粉症対策

【おいし医ひと皿|レシピ紹介】
 にんじんのあったか豆乳スープ / ヨーグルトチーズケーキ

【院の下の力もち~済生会熊本病院のお仕事紹介】
 File2:医療ソーシャルワーカー

【News&Topics】
 :4コママンガ 「サイ!セイカイ」

PDFを新しいウィンドウで開きます。

希望のひろば【号外】JCI認定取得記念号

【インタビュー】

 

ゴールではなくスタート。
今、世界の基準地点に立ち、目指す未来はさらなる高みへ。
インタビュー:院長 副島秀久×副院長 中尾浩一

PDFを新しいウィンドウで開きます。

希望のひろば vol.43

【巻頭特集】
 医療の質を国際水準で高めていく挑戦者たち

【診療の最前線】
 肺がん治療の今

【院の下の力もち~済生会熊本病院のお仕事紹介】
 File1:治験コーディネーター

【医療のかけはし】
  済生会熊本病院の連携病院紹介:東病院

【予防医療センターレストラン「カルーナ」】
 心を込めた一期一会のおもてなし

【おいし医ひと皿|レシピ紹介】
  新感覚すき焼き/スズキの夏焼きさっぱりソース

【News&Topics】
 :新任外来担当医のご紹介

PDFを新しいウィンドウで開きます。

腎がん 腹腔鏡下腎摘除術・腹腔鏡下腎部分切除術 | 治療の最前線|

腹腔鏡下腎摘除術・腹腔鏡下腎部分切除術 | 治療の最前線|

腎がんについての当院での診察から治療までを詳細に掲載しています。

PDFを新しいウィンドウで開きます。

ガンマナイフ治療症例パンフレット vol.2

症例 1

大型の転移性脳腫瘍 肺腺癌

症例 2

大型の転移性脳腫瘍 肺癌 

 

当院のガンマナイフ治療では、他の治療の選択不可能な、大型の転移性脳腫瘍においても
患者さんに最善の結果が得られるような治療を目指しています。

 掲載された大型の転移性脳腫瘍の2例の症例の場合、未治療経過観察の場合には、余命予後は2~3ヶ月未満の非常に厳しい状態でしたが、ガンマナイフ治療の2ヶ月後には、意識清明、認知症・失語症・不全麻痺などは消失した状態で外来に受診されています。


 
ガンマナイフ治療(機器)についての詳細はこちら


 

PDFを新しいウィンドウで開きます。

ガンマナイフ治療症例パンフレット vol.1

症例 1

転移性脳腫瘍 肺腺癌(stageⅣ:ステージ4) 

症例 2

転移性脳腫瘍 肺腺癌(stageⅣ:ステージ4) 

 

ガンマナイフ治療は、多発脳転移巣が4~10箇所に及んでも、短時間(1-3時間)での治療、
全入院日程でも1-2日間での治療が可能です。
ガンマナイフ治療は全身へのダメージがほとんど無いため、今回の症例いずれの患者さんも治療後すぐにから社会生活に戻られています。
 
ガンマナイフ治療(機器)についての詳細はこちら


 

PDFを新しいウィンドウで開きます。

希望のひろば vol.42

希望のひろば vol.41

【特集】
 知っておきたい膵臓がんのはなし

【医療機器の紹介】
 人工呼吸器

【食事】
 骨粗しょう症を予防する食事

【スタッフ紹介】
 医療秘書

【Topics】
 健考本発刊/ASO治療認定施設/新外来担当医師

【連携医療】
 連携医療機関のご紹介

PDFを新しいウィンドウで開きます。

ガンマナイフ

頭部専用の放射線治療装置。
外科手術を行わず、
脳病巣の治療が可能に。

PDFを新しいウィンドウで開きます。

化学療法

患者さんの体や
心の状態に
配慮しながら
治療を行います。

PDFを新しいウィンドウで開きます。

トモセラピー

「トモセラピー」の導入で
副作用を軽減した
がんの治療が可能に。

PDFを新しいウィンドウで開きます。


ページの先頭へ