ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 高次医療機器>
  3. 320列CT

ページの本文です。

高次医療機器

320列CT

320列CT「Aquilion™ ONE(アクイリオンワン):東芝メディカル」

最新鋭のCT装置です。世界一広範囲の撮影が可能な「320列面検出器」を搭載し、従来のマルチスライスCT装置に比べ、検査時間が飛躍的に短くなっています。これにより、被ばく線量を低減することが可能です。
16センチ幅(頭や心臓)を一回転で撮影し、その撮影時間はわずか0.35秒です。頭部および心臓の検査に有用なのはもちろん、小児や高齢者など息を止めるのが困難な患者さんにも対応できます。

写真 アクイリオンワン

AquilionONEの特長

心臓(冠動脈)検査

動いている心臓全体を、一回転で撮影できます。一般的な高性能CTである64列CTと比べても撮影時間は約1/20の0.35秒(従来は7秒)と短く、被ばく量は約1/5に軽減されます。質の高い検査を提供しながら、患者さんの負担を軽減することが可能です。
撮影中に不整脈が発生した場合においても、自動的に不整脈を検知してX線照射を止め、次の正常な心拍にて撮影するといった安全機構を搭載。検査精度が格段に向上します。

写真 アクイリオンワン

頭部血管

従来の形態撮影に加え動態・血流撮影も行うことで、脳全体の血行動態を3次元的に評価することができます。


ページの先頭へ