ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 高次医療機器>
  3. PET/CT

ページの本文です。

高次医療機器

PET/CT

PET検査とCT検査の利点をあわせ持つ

「PET/CT」装置が、迅速かつ正確ながん検査を実現します。

PET検査とは

人体から検出されるガンマ線を測定することで、人体の状態を調べます。ガンマ線は、電子(通常マイナスの電荷をもつ)と陽電子(プラスの電荷をもった電子)との衝突により発生します。ブドウ糖に目印としてわずかな陽電子を放出する18F-FDGをつけた薬剤を、体内へ注射します。がん細胞には正常組織に比べ約3~8倍のブドウ糖を摂取(消費)する性質があるため、この薬剤が多く集まります。そこから放出された陽電子が近くの電子と衝突しガンマ線を多く放出します。 この状態を体外からPET装置で撮影し、がんの位置や大きさや、がんの良性・悪性を判断します。

イメージ PET検査の仕組み

PETからPET/CTへ

臓器の形からがんの有無を診断するCT検査やMRI検査には、「がん細胞がある程度成長していないと発見が困難」という問題がありました。がん細胞の性質を利用するPET検査なら、早期がんの発見に絶大な威力を発揮します。しかしPET検査についても、「人体形状の情報に乏しく腫瘍の正確な位置確定が不可」という欠点があります。

PET/CT装置とは、PET検査の鋭敏さとCT検査の位置情報の正確さをあわせ持った、最新鋭の画像診断装置です。がんの早期発見やがん治療後の再発・効果測定などに用います。海外では、PET装置にCT装置を取り付けたPET/CT装置が最も評価されています。

検査時間が大幅に短縮され、腫瘍の正確な位置が鮮明に映し出されます。より高精度の検査が可能です。

PET/CTの優位性

PET画像とCT画像の重ね合わせ(Fusion)により、精度の高い臨床情報が得られます。

PET装置とCT装置で別に撮影した画像をコンピューター上で重ね合わせる場合、正確に合わせることは非常に困難です。患者さんが装置間を移動する必要があり、体位がずれたり、体内臓器の相対位置が変化したりするためです。PET/CT では、1台の装置によってPET画像とCT画像を同時に撮影することから、非常に精度の高いFusion画像を簡単に取得できます。

検査時間を短縮できます。

体内から放出される放射線は他の組織を通過する際に一部吸収され、正確な線量の測定ができません。PET装置では、線源からの放射線を測定することによって体内臓器の吸収度合を測り、補正処理を行います。この処理のため、PET装置単独では10分前後の時間が余計に必要となります。
PET/CT装置ではCTのデータを吸収補正用のデータとして利用でき、補正処理にかかる時間を1分以下に抑えられます。

がんや、他の検査では判定困難な疾患も発見できます。

呼吸による動きのある臓器でも、正確な画像を得られます。

PET呼吸同期がない場合:原発の腫瘍は確認できるが、その上にある小さな腫瘍は呼吸の動きにより、よく見えない。 PET呼吸同期がある場合:呼吸同期を使用することにより頭側の小さな病変がより明瞭になった。

18F-FDG を用いたPET,PET/CT での検査対象(保険適応疾患と要件)

保険適応疾患と要件2012年4月1日現在
症状要件算定項目
悪性腫瘍
(早期胃癌を除き、悪性リンパ腫を含む)
他の検査、画像診断により病期診断、転移、再発の診断が確定できない患者さんに使用できます。 PET PET/CT
心疾患 虚血性心疾患による心不全患者さんにおける心筋組織のバイアビリティー診断(他の検査で判断のつかない場合に限る)、又は心サルコイドーシスにおける炎症部位の診断が必要とされる患者さんに使用できます。 PET
てんかん 難治性部分てんかんで外科切除が必要とされる患者さんに使用できます。 PET PET/CT

症例1 肺がんの場合

70歳代の男性です。息切れを主訴に胸部CT検査が施行されました。左肺下葉S6に径15ミリメートルほどの円形結節が認められました。PET/CTでは、同部位にSUVmax=6.2(早期相)→SUVmax=11.9(後期相)の異常集積があり、悪性腫瘍では肺がん、良性結節では結核や真菌症が疑われました。その他に異常集積はなく、肺がんの疾患としてはStageⅠAと診断され、手術が施行されました。

※早期相よりも後期相での集積が高いことは活動性が高い結節を示唆します。

写真 肺がん症例

PET/CT検査説明時の注意

患者さんが糖分の入っている飲料水を摂取したりガムを咀嚼したりすることで、PET検査を中止せざるを得ないケースが頻繁に起きています。薬剤は予約時間のみ使用可能で変更はできません。ご注意下さい。

ご注意点

1. 食事について 検査前6時間は絶食です。糖分の入っていない水のみ摂取が可能となります。
市販の飲料水などを飲む場合は、糖分が入っていないか十分ご注意ください。
<摂取不可な主なもの>
食事、牛乳、ジュース、清涼飲料水、スポーツドリンク、お菓子類、ガム、アメなど

2. 運動制限について 検査前日は激しい運動(水泳、テニス、ゴルフ、野球など)は不可となります。
検査当日は軽い運動(ジョギング、ウォーキングなど) も含めすべて不可となります。

3. 検査当日は、糖尿病の薬(インスリン)は不可となります。


ページの先頭へ