ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 患者さんへのお知らせ / 輸血拒否される患者の皆様へ

ページの本文です。

患者さんへのお知らせ

輸⾎拒否に関する当院の⽅針について

当院では、輸血を拒否される患者さんに、以下のように対応いたします。
何卒ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

宗教上の理由等による輸⾎拒否に対する済⽣会熊本病院の⽅針

1. 患者さんからの同意書をいただけない場合でも、病態に応じて、医師が必要と判断した場合には 輸⾎療法を実施します。(相対的無輸⾎ 注1)

2. ⽣命を救うため輸⾎が必要である場合、その必要性と輸⾎を⾏わない場合の危険性等を充分 ご説明いたします。

3. 当院の⽅針を⼗分に説明し理解をいただく様努めますが、どうしても同意が得られない場合は、他院での治療をお勧めします。

4. 患者さんが持参する免責証明書等、絶対的無輸⾎(注2)に同意を求める⽂書に対する署名はいたしません。

以上の当院の⽅針は、患者さんの意識の有無や成⼈・未成年の別にかかわらず適⽤します。

  • 注1 相対的無輸⾎とは、患者さんの意思を尊重して可能な限り無輸⾎治療に努⼒するが、「輸⾎以外に救命⼿段がない」事態に⾄った ときには輸⾎をするという⽴場・考え⽅。
  • 注2 絶対的無輸⾎とは、患者さんの意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸⾎をしないという⽴場・考え⽅

ページの先頭へ