臨床指標(QI)について

近年、世界的に各病院での医療の質と医療安全向上のために、様々な医療現場のデータを抽出して解析し、医療の改善に役立てることがとても重要になりました。下記に示す臨床指標(QI:Quality Indicator)は、現在当院で特に重要項目として取り上げているものです。今後、さらに必要な項目を加えながら、医療の質の向上と改善に取り組んでいきたいと思います。

病院指標について

DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、市民の皆さんに情報公開を行っています。DPCデータとは、全国約3,000病院が、匿名化した患者情報を全国標準形式で厚生労働省に提出しているデータです。傷病名や診療内容、入院日数などがわかるものです。 現在当院が公開している指標は、2015年度(2015年4月1日~2016年3月31日)中に当院を退院した患者さんのDPCデータを基に作成しております。DPCデータには自動車賠償責任保険や労災保険、自費、24時間以内の死亡の患者さんのデータは含まれません。



病院指標はこちら