教育体制(人材育成)プログラム

知識の幅をひろげ、新たな自分をみつけるきっかけをつくる、
済生会熊本病院の教育プログラム。

体制について

OJT(On the Job Training)

Off-JT(Off the job Training)

SD(Self Development)

教育体制について

当院には、院内外における教育・研修を中心となって運営・管理する 「教育・研究部」という部署があります。教育・研究部は、以下の教育理念に基づき人材育成をおこないます。

理 念: 高い能力と優れた人間性を持った医療人を育てます

基本方針:
1. プロフェッショナリズム
質の高いチーム医療を遂行するために、自らの役割と責任を 認識し、誇りと協調性を持って行動できる人を育てます。
2. 自己成長
自らの人間性と知識・技術の向上のために、変化を捉える広い 視野を持ち、学び続ける人を育てます。
3. やさしさとぬくもり
働きやすく暖かい職場を実現するために、思いやりを持ち、 他者を尊重する人を育てます。

教育・研究部は、各部門での教育にとどまらず、全職種に対して横断的に教育する仕組みをとっています。
当院の教育システムは、大きくOJT、Off-JT、SDからなっています。

教育体制図

OJT(On the job Training)業務を通じてスキルアップを目指す。

OJT(On the Job Training)

日常的に仕事を通じて先輩や上司による指導を受け、スキルアップを目指します。 また、各部署では多職種が一緒になって行う勉強会も開催されています。

Off-JT (Off the job Training)入職年や役職に合わせた定期的な研修や講座を開催。

Off-JT (Off the job Training)

職種別に独自の育成プログラムに沿った教育を行っています。それらとは別に階層別研修として入職年や役職ごとに設定された研修を、該当する年に受講します。また、重要なテーマについては、毎年全職員向けに講座が開催され、技術教育には、クリニカルシミュレーションルームや各種モデルを使用したシミュレーション教育も実施しています。その他、業務に関する学会やセミナーへの参加、必要な資格取得には、病院が積極的に支援を行います。

1年目研修

1日半の日程で、院外での宿泊研修を行っています。全職種の新人スタッフが対象です。 グループワークなどを通じて同期との関わりを深めます。病院トップ、先輩職員など多様な人の考えに触れることができます。

1年目研修 参加者の声

  • 院長先生を始め、先輩方の話が聞けて参考になった。
  • これからの自分のあり方を考えるきっかけになった。自分が成長して、それを患者さんのために役立てることが大切だと学んだ。
  • 各プログラムはどれもためになるもので、日頃の仕事に取り入れられるような発見や学びが多くあった。
  • すごく楽しかった。皆の悩みも聞けて、1人じゃないんだと思うことができた。
  • リフレッシュできて、また仕事を頑張っていこうという気持ちになった。

シミュレーション教育

クリニカルシミュレーションルームには、病室を模した個室スペースを設置し、 急変時の対応などを実践的に学習することができます。 心肺蘇生や聴診、注射手技など個別の手技を練習するモデルも充実させています。

SD (Self Development)個人主導での学習を支援。

SD (Self Development)

当院は地域に必要とされる人材育成のため、個人主導での学習についても支援を進めています。職員が自分の将来像や目標を意識して積極的に学習できる環境を整備することで、より充実した生活を実現できるよう支援しています。内容は、個人の目標に応じて、各自で講座を選択することができ、受講費用は病院が補助します。

英会話講座

院内の会議室で、ネイティブ講師による少人数での英会話講座を実施しています。希望者を募り、レベル別に複数クラスを設定しています。受講者は週1回、自分のレベルにあったクラスに参加することができます。

利用者の声

向学心のある人にとっては、ありがたい制度です。知識の幅を広げ、新たな自分を見付けるきっかけにもなると思います。

通信教育講座

現在、70種類の通信教育講座があり、個人の興味・関心に応じて好きな講座を選択できます。講座内容は医療分野とは全く異なり、ビジネスマナーやマネジメント、対人関係スキル、語学、パソコン、資格取得など様々なものから選択できます。

利用者の声

自己負担が少なく様々な分野の学習ができるため、自己のキャリアアップや新しい分野への興味に繋がります。