ニュース&インフォメーション

一覧へ戻る

済生会熊本病院集中治療室ICU/CCUでは一緒に働く医師を募集しています。

済生会熊本病院集中治療室ICU/CCUでは一緒に働く医師を募集しています。

質管理に力を入れる地域の急性期中核病院
済生会熊本病院は年間9,800件を超える救急車搬送を受け入れる急性期病院です。ドクターヘリの受け入れやドクターカー(Mobile Critical Care Unit、 Mobile CCUと呼んでいます)によって、県内のみならず近隣県からの急患依頼にも対応しています。近隣施設からの要望があればドクターヘリ(防災ヘリ)で出向くこともあります。また、本邦では比較的早い2001年から感染管理サーベイランスを開始し、2013年には米国の国際医療機能評価JCI認証を受け、その後も更新を続けるなど、質管理にも力を入れている病院です。

CCUからICU & CCU
当院は以前より循環器系重症疾患患者の占める割合が多く、集中治療室は心臓血管センターの集中治療室(Cardiovascular Care Unit、 CCU)として20床でスタートし、現在は他科重症患者も収容する集中治療室(Intensive Care Unit、 ICU)と改称しています。昨年は1床あたりの面積20m平米を確保するために改修工事を行い、 18床としました。改修のため病床を減らしたにもかかわらず、急性大動脈解離・大動脈瘤 約170例、急性冠症候群 約200例、心不全 300例以上がICU(一部HCU)に入室し、循環器科・心臓血管外科の重症患者の治療を中心に行ってきましたが、最近、他科の手術件数が増加し、重症患者も目立つようになり、General ICUとしての機能も拡充してきています。今年度から当院救急総合診療部との協働も始まり、CCUで培ってきた心血管・循環管理のノウハウをGeneral ICUの診療に活かし、逆にGeneral ICUで重要な集中治療の基礎を、心血管系疾患の診療に取り入れたICU/CCUを目指しています。

多職種協働のチーム医療・院内連携の充実
日常の診療ですが、主に循環器内科・心臓血管外科の患者に加えて、消化器外科等の他科重症疾患、救急総合診療部が診療する重症患者も、主治医科と密に相談しながら診療を行っております。また抜けがないように、単独主治医制ではなくチーム制での診療、毎朝医師・看護師のみならず理学療法士、薬剤師、臨床工学技士、管理栄養士、ソーシャル・ワーカーも加えた回診を行い、チーム全員で考えるスタンスをとっております。循環器内科の患者は、ICUのみならずHCU入室の患者も診療しています。アクティビティの高い当院循環器内科や救急総合診療部との連携で、両科への出向・ローテーションも可能です。

これまでCCUで循環器疾患のみだったが、これから循環器の知識・技術に磨きをかけながらGeneral ICU/CCUで全身管理も学びたい方、逆にGeneral ICUや救急科に所属していたが心血管重症疾患を多く経験したい方、両方に造詣の深い方、また、そのどちらでもなかったがこれから学んでいきたい方を募集しております。様々な症例を豊富に経験できます。

まずは下記リンクからのアクセスをお待ちしています。

ご見学のお問い合わせから ( 人事室直通電話 096-351-8074 「資料請求・お問い合わせ」 )、いつでも歓迎致します。

集中治療室医師募集ページ
http://www.sk-kumamoto.jp/recruit/doctor/icu_doctor/

2017年度集中治療室診療実績
http://www.sk-kumamoto.jp/recruit/doctor/icu_doctor/record.html

済生会熊本病院ホームページ  http://sk-kumamoto.jp/