構造的心疾患に対するカテーテル治療について

循環器内科部長:坂本 知浩イメージ
循環器内科部長:坂本 知浩

心血管疾患に対するカテーテル治療の発展に伴いstructural heart diseaseという概念が生まれました。

このstructural heart diseaseと言う言葉は、「構造的心疾患」と訳され、これらに対するカテーテル治療が、structural heart disease intervention(SHI)です。

心疾患に対するカテーテル治療と言えば、冠動脈狭窄に対するPCI(percutaneous coronary intervention)が代表的ですが、現在、日常臨床で行われるカテーテル治療において、PCI以外のカテーテル治療はほぼSHIと言って良いくらい、その種類は多岐に渡ります。

済生会熊本病院では従来からSHI(開始当時はこの言葉は存在しませんでした)治療に取り組んでおりますが、本サイトでは当院で現在行っておりますSHI治療についてご紹介します。