治療法一覧

TAVI (経カテーテル的大動脈弁植え込み術)

大動脈弁狭窄症に対して、カテーテルを使って人工弁を患者さんの心臓に装着する治療です。心臓の弁が上手く機能せず、息切れなどの症状が出る「心臓弁膜症」の患者さんで、高齢などの理由で手術をあきらめていた方に対する治療の選択肢となります。

ASO (心房中隔欠損症に対するカテーテル閉鎖術)

「心房中隔欠損症」に対して、アンプラッツァー動脈開存閉鎖システムを用いた閉鎖術を行います。このカテーテル治療によって、患者さんへの侵襲、負担を少なく、かつ安全に心房中隔欠損症を治療することが出来るようになりました。

PTSMA (経皮的中隔心筋焼灼術)

心筋疾患「閉塞性肥大型心筋症」に対して、肥大した中隔の心筋の肥大を縮め、血液の流れを良くするために行う治療が、経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)です。閉塞性肥大型心筋症の患者さんで、薬物治療でも改善が十分でない場合にPTSMAの適応となります。

PTMC (経皮経静脈的僧帽弁交連裂開術)

「僧帽弁狭窄症」の治療で、カテーテルを用い硬くなった弁に対し、バルーン(イノウエ・バルーン)を利用して、硬くなった僧帽弁を拡張させる治療です。

BAV (バルーン大動脈弁形成術)

大動脈弁狭窄症の高リスクの患者さんに行うバルーンカテーテルによる大動脈弁カテーテル治療(BAV)です。

BPA(慢性肺血栓塞栓症に対するバルーン肺動脈形成術)

「慢性肺血栓塞栓性肺高血圧症」に対する治療です。

ADO(動脈管開存症カテーテル治療)

大動脈と肺動脈とをつなぐ血管、動脈管が開いたまま残った状態である「動脈管開存症」に対し、アンプラッツアー閉鎖栓により、経皮的に、胸部を切開することなくカテーテルを用いて動脈管を閉鎖する治療です。

患者さんの声

TAVI (大動脈弁狭窄症治療)の患者様より

済生会熊本病院でTAVI治療を受けた患者さんへのインタビューです。
※患者さんに了承を頂いて掲載しています。