ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 診療科・部門で探す>
  3. 薬剤部

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

薬剤部

  • 基本情報
  • 取り組み
  • スタッフ紹介

特徴

薬剤に関するすべてに関わっています

薬剤部は、院内のお薬に関する業務すべてを担当する部署です。
外来窓口や入院病棟(ベッドサイド)で患者さんへお薬の説明を行うほか、チーム医療の一員として、安全かつ有効に処方されるよう活動しています。当院を訪れた方は、薬剤師と直接話す機会も多いかと思います。
お薬に関してご不明な点などありましたら、お気軽にご相談ください。

学会・論文発表実績はこちら

主な業務内容

入院病棟活動(薬剤管理指導)

薬剤師を各病棟にひとりずつ配置しています。他院で処方されたお薬や退院後のライフスタイルも踏まえた上で、お薬の飲み合わせや飲みやすさ・飲む時間などをアドバイスします。同時に、副作用やその対策についても情報を提供します。またチーム医療を担う一員として、医師や看護師、コメディカルなどのスタッフとともに治療計画に参画しています。

内服薬調剤

医師からの処方箋をもとに、お薬の量・飲み方・飲みやすさ・飲み合わせなど、お薬が安全かつ有効に使われているかチェックします。また、服用上の注意を記載した「お薬の説明書」を作成し、患者さんにお渡します。お薬への理解を深め正しい服用を心がけていただき、副作用から身を守る手助けになればと考えています。

注射剤調剤

医師からの注射剤処方箋をもとに、注射剤を患者さんごとに取り揃えます。組み合わせに注意が必要な注射剤の管理、点滴の速度・投与ルート(静脈注射・動脈注射・皮下注射・筋肉内注射など)、光や熱および時間による安定性というように、さまざまなチェックが必要です。薬剤師は安全かつ有効な治療が行われるよう確認するとともに、医師や看護師に注射剤の適切な使い方を情報提供します。

院内製剤

病院の中で独自に調製され、使用されるお薬を「院内製剤」といいます。主に製薬会社から市販されていないお薬を指し、患者さんの状態に応じて新しく調製します。

薬物血中濃度解析(TDM)

お薬の中には、血液中におけるお薬の濃度から効き目や副作用を判断できるものがあります。これを解析して最適な投与量を決定することを「薬物血中濃度解析(TDM)」といいます。
当院では主に抗生物質や心臓の病気に使うお薬などについて解析を行い、これらの安全・適正な使用、および疾患の早期回復に取り組んでいます。

医薬品情報提供業務

薬剤の情報は膨大かつ日々更新されるものです。必要な情報を収集し、さらに整理・保管していつでも取り出せるよう、コンピューターを用いて管理しています。これにより医療スタッフおよび患者さんへのスピーディな情報提供と、安全で適正な薬物治療を実現するよう努めています。

治験管理業務

健康な人や患者さんに対して治療を兼ねた試験を行い、お薬の安全性や効果を確認することを「治験」といいます。治験を経て国から承認を受けなければ、医薬品(薬)は医療機関や薬局で取り扱うことができません。
治験管理部門は、治験の適性かつ円滑な進行・治験の倫理性・科学性および信頼性を確保するために設置されました。治験の受付から終了までの事務的管理・治験審査委員会(IRB)の関連事務・治験薬管理・治験コーディネーター業務・派遣治験コーディネーターの指導および管理などを行い、当院における治験を総合的に管理しています。


[治験に関するお問い合わせ先]

済生会熊本病院 薬剤部 治験管理室
担当 矢野
電話 096-351-8000
ファックス 096-351-8698

チーム医療への参入

チーム医療はしばしば船に例えられます。チームの中心である船長は医師であり、そのもとで多くの職種が互いにコミュニケーションを取りながらそれぞれの専門性を発揮し、乗客である患者さんを回復の港まで運んでいきます。NST(栄養サポート)回診・感染回診・呼吸器回診・がん回診・糖尿病回診など、チーム医療の一員として薬剤師も参加しています。

診療科の実績

その他の疾患と治療法


ページの先頭へ