ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 高度専門医療

ページの本文です。

高度専門医療

高度専門医療

当院は臓器別専門診療体制で、各診療科、部門が協働して一人の患者さんを診療することで、より質の高い医療を提供しています。患者さんの負担が少ない手術・治療にも積極的に取り組んでいるほか、最先端機器や高度設備が充実しているのも当院の大きな特長です。

身体に負担の少ない低侵襲治療

当院では、手術や放射線治療、またカテーテル治療などを使い分け、患者さんの状態に適した治療を提供できるよう、日々努めています。特に傷口が小さく、体に負担の少ない低侵襲(ていしんしゅう)治療を積極的に取り入れています。
手術においては、腹腔鏡や胸腔鏡による手術など、内視鏡を用いた治療の実績を重ねています。

写真 低侵襲治療

その他の情報を見る

高次医療機器情報

ガンマナイフ

ガンマナイフは、放射線治療機器の一種で正式には「ガンマナイフによる定位放射線手術」と呼ばれます。放射線の一種であるガンマ線が、201個の細い照射口から正確に一点に集中するよう作られた治療機器です。他の治療の選択不可能な、大型の転移性脳腫瘍においても患者さんに最善の結果が得られるような治療を目指しています。 2016年1月に最新鋭の「ガンマナイフパーフェクション」にバージョンアップしました。従来2~6時間を要した治療時間が30分~1時間に短縮され、眠ったまま治療を完了することも可能となります。

機器の詳細はこちら

トモセラピー

近年、がんの効果的な治療方法として注目を集めているのが「トモセラピー」による放射線治療です。「トモセラピー」はアメリカで開発された強度変調放射線治療装置で、急速に普及しつつあります。熊本では当院のみ導入しています。

機器の詳細はこちら

PET/CT

細胞の状態や働きを調べるPET検査と同時に、臓器の形状異常などを検査するCT撮影の機能が 融合した画像診断装置「PET/CT」。
より迅速で、正確な検査を行うことができ、がんの早期発見が可能となりました。

機器の詳細はこちら

その他の情報を見る

診療の最前線

不整脈治療 日本一をめざして

不整脈(心房細動)の治療法として注目される「カテーテル・アブレーション」。 当院では昨年の治療数だけで585例、治療開始から通算4,000例を突破しました。昨春、日本不整脈治療の第一人者である奥村謙医師を最高技術顧問に迎え、 より多くの患者さんを治療する環境が整いました。

記事の続きはこちら

手術支援ロボット「ダヴィンチ」での腎がん(腎臓がん)部分切除手術を開始

当院では2013年3月、内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」を南九州で初めて導入。手術実績は3年間で380例※を超えました。今春から、これまで前立腺がんのみだった保険適用が、新たに腎がん(腎臓がん)にも拡大。当院でもダヴィンチ手術での腎がん(腎臓がん)の部分切除がスタートしています。 ※2016年7月現在

記事の続きはこちら

僧帽弁逆流症 MICS(小切開心臓手術) ― 骨を切らずに、骨のすき間から。―

これまでの心臓手術に比べて切る範囲が狭いため傷が小さく、術後の見た目も良い、 MICS(小切開心臓手術)手術。 通常、心臓外科手術では胸骨や肋骨を切開して手術しますが、切開した骨がくっつくまでに2~3ヶ月かかります。これを、骨を切開せずに、肋骨と肋骨の間から特殊な器具を使って心臓にアプローチするようにした手術が、MICS(Minimally Invasive Cardiac Surgery)です。

記事の続きはこちら

その他の情報を見る


ページの先頭へ