ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 診療科・部門で探す>
  3. 看護部門

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

看護部門

  • 基本情報
  • 取り組み
  • スタッフ紹介

特徴

理念

私たちは、やさしさとぬくもりのある質の高い看護を提供します

基本姿勢

1.私たちは患者さんの人権を尊重し、安全と安心の看護を行います。
2.私たちは患者さんの立場に立った看護を提供するために、知識・技術・感性を磨きます。
3.私たちは組織の一員として、地域との連携を図り、継続看護を目指します。

学会・論文発表実績はこちら

主な業務内容

写真 看護部

救急高度医療

求められる救急医療をカタチにする

当院は2010年、熊本県より救命救急センターの指定を受けました。24時間専門医療チームで「断らない救急」に取り組み、年間およそ8,500台の救急車・20,000人を越える救急患者の受け入れを行っています。救命救急外来には専属の看護師を配置。重症の患者さんを優先して診察するためのトリアージナースとしても活躍しています。
また当院は、熊本県DMAT(Disaster Medical Assistance Team;災害派遣医療チーム)指定病院となっています。先の東日本大震災でも、積極的に活動を行いました。

チーム医療を支える看護師の大きな役割

急性期病院である当院には、脳血管疾患や心疾患・外傷などの救急看護に加え、呼吸器疾患や大手術後の患者さんも多くおられます。各専門分野による多職種チームとしての関わりが非常に重要です。
看護師は最初のコンタクトから治療後まで、最も患者さんのそばにいる存在だと考えています。より充実したチーム医療を提供すべく、救急看護・集中ケア・脳卒中リハビリなど、より専門的なスキルを習得した認定看護師が活躍しています。

写真 看護部

がん治療

チームによる高度な「がん治療」をめざして

がん患者さんは痛み・副作用などの身体的な苦痛に加え、病状の進行や生活の変化に伴う不安や恐怖といった精神的な苦痛をも抱えています。がん看護関連の認定看護師3名が、患者さんの状態に応じ、専門性を活かした看護を提供しています。患者さんが安心して治療を受け、その人らしい生活を送れるよう、医師・看護師・薬剤師・栄養士など多職種のチームを組みQOL(生活の質)向上に努めています。

写真 看護部

退院支援

退院後のサポートも重要な役割

急性期病院においても、退院支援は非常に重要です。患者さんが自宅で安心して生活できるよう、退院後の療養先を一緒に考えていくことからスタートします。「継続看護室」は、退院へ向けての調整を入院早期から行っていく部門です。何を準備すれば自宅で生活できるか、在宅サービスなどの活用を踏まえながら調整していきます。
また心不全などの慢性疾患を持つ患者さんは、再入院のリスクも高くなります。セルフケアの確立ができるよう、サポート体制を整えることも退院支援看護師の大きな役割です。


ページの先頭へ