ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 診療科・部門で探す>
  3. 神経内科(脳卒中センター)

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

神経内科(脳卒中センター)

  • 基本情報
  • 症状と治療方法
  • 医師紹介
  • 検査情報

診療の最前線

主幹動脈(脳を養う重要な血管)の閉塞による脳梗塞の治療法として第一選択となっているのは、t-PAという、血栓を強力に溶かす薬を静脈から点滴投与するものですが、発症4.5時間以内に治療を開始しなくてはならないなどの制約があります。t-PA適応外の患者さんの命と生活を救う次の手段として、新しいデバイスによる急性期脳梗塞に対する脳血管内治療についてご紹介します。

特徴

チーム医療体制のもと患者さんの早期の社会復帰を目指します

虚血性脳血管障害(脳梗塞・一過性脳虚血発作)、てんかんなどの神経救急疾患、めまい、パーキンソン病や神経変性疾患といった、さまざまな疾患を診療します。脳疾患の多くは、一刻を争う対応と高度な診断・治療技術が求められます。当院では、24時間365日受け入れ・常時検査ができる万全の体制を敷いています。
脳卒中急性期の患者さんに対しては、チーム医療体制のもとグループ回診をほぼ毎日実施。理学療法士・言語聴覚士・作業療法士による早期リハビリテーションを通じ、早期の退院やリハビリテーション病院への転院を図ります。これにより家庭復帰・社会復帰にかかる期間の短縮や、予後改善を促進することができます。

脳梗塞の超急性期治療に迅速に対応しています

急性脳卒中など緊急性のある疾患については、CT・MRI・超音波検査などが24時間いつでも受付可能です。発症後3時間から6時間の超急性期脳梗塞には、t-PA治療を最優先して実施。適応する場合には血管内治療(局所線溶療法や血管形成術)を行います。また、より効果の高い抗血小板薬の選択も検討します。

学会・論文発表実績はこちら

主な治療対象

脳血管障害(脳梗塞など)、てんかん、めまい、意識障害、髄膜炎・脳炎など

その他の症状と治療法

お知らせ

2015年11月27日
市民公開講座のお知らせ【脳の病気を切らずに治す!最新のガンマナイフ治療 】 
2015年01月20日
【市民公開講座 】受け付け終了のお知らせ 
2014年12月24日
2015年2月に当院にて市民公開講座を開催します! 
2013年07月22日
疾患と治療の説明書「脳梗塞」を掲載しました 
2012年12月25日
神経内科医 募集のお知らせ 

外来医師担当表

神経内科

診察時間診察室新患/再来
8:30~ 23 新患/再来 稲富 雄一郎 米原 敏郎 池野 幸一 松原 崇一朗  永沼 雅基

 

 


診療科の実績

その他の疾患と治療法


ページの先頭へ