サイト内検索

検査情報

RI検査とは

RI検査では、放射性同位元素(Radio Isotope:RI)を含んだ薬品(放射性医薬品)を用います。放射性医薬品は検査の対象となる臓器に集まり、微量の放射線を発するため、これを専用のカメラで撮影します。この検査で臓器の機能や代謝情報を画像化、数値化することにより、機能評価や病期診断、治療効果判定に有用な情報を得ることができます。

当院の導入装置

全検査対応装置
全検査対応装置
頭部・心臓専用装置
頭部・心臓専用装置

検査について

検査前

  • ほとんどの検査では静脈から薬品(放射線医薬品)を注射します。検査によってはガスを吸入して検査を行う場合があります。
  • 投与後は数十分~数時間お待ちいただく場合があります。また、検査によっては1~3日程度時間を空けて撮影を行う場合があります。
  • 食事制限や下剤の内服、服用中の薬の一時中止をお願いする場合があります。
  • 静脈から薬品(放射線医薬品)を注射します。

検査中

  • 検査は専用ベッドの上に仰向けになって行います。
  • 検査時間は数分~1時間程度かかります。また、検査によっては数回撮影を行う場合があります。
  • 息を止めて撮影する必要はありませんが、できるだけ動かないようにしていただく必要があります。

検査後

  • 検査によっては、次の撮影まで安静にしていただく必要があります。

検査による体への影響について

RI検査で使用する薬品は副作用が少なく、近年の副作用の発生率は0.0008~0.0014%と報告されています。
RI検査で受ける放射線の量は、胃のX線検査と同じかそれ以下です。放射線の量は時間とともに減少し、体外へ排出されますので心配ありません。
ただし、胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。妊娠している方またはその可能性がある方は、RI検査を受けることができません。

 

ご注意いただきたいこと

RI検査で使用する薬品は患者さんに合わせてオーダーするため、他の患者さんに使用することができません。
キャンセルされる際は、検査前日の16時までにご連絡ください。検査前日が休日の場合、休日の前日16時までにご連絡ください。

心臓のRI検査

心筋血流シンチ

心筋へ流れる血流の量や心筋の機能を調べる検査です。冠動脈疾患などの診断に使用します。当院では高性能のカメラを利用し、通常よりも少ない量の薬品の投与で検査を行っています。

心筋血流シンチ
(心筋血流シンチ)
CTとのFusion画像
(CTとのFusion画像)

骨のRI検査

骨シンチ

  • 骨の炎症や骨折
  • X線撮影で診断が困難な疲労骨折や骨粗鬆症に伴う骨折
  • がんの骨への転移の有無

などの診断ができます。

テクネシウムという薬品を注射して3時間程度待機し、骨に十分薬が集まってから撮影します。通常は午前中に注射し、午後から撮影となります。
検査中はできるだけ動かないようお願いします。検査は通常、50分程度で終了します。

正常例
(正常例)
骨転移例
(骨転移例)
経時的変化
(経時的変化)
骨転移の3D画像
(骨転移の3D画像)

脳のRI検査

脳血流シンチ

  • 脳梗塞や脳出血などによる脳血流の異常
  • 脳腫瘍・てんかん・外傷などによる脳血流の異常
  • 認知症の診断

などを調べます。

仰向けの状態になっていただき薬品(放射線医薬品)を注射した後、40分間程度撮影し脳の血流状態を調べます。左右の脳の血流量を測定することによって、手術適応の判定、手術後の効果などを確認します。
また認知症がある場合は、それが脳血管障害によるものか、アルツハイマー型によるものかを調べます。

画像解析から実際の脳内の血流量を算出
画像解析から実際の脳内の血流量を算出
認知症診断支援画像
認知症診断支援画像

※その他、以下のような検査があります。
肺血流シンチ、肺喚起シンチ、Ga(腫瘍)シンチ、下肢静脈シンチ、肝シンチ、甲状腺シンチ、副甲状腺シンチ、出血シンチ、腎血流シンチ、副腎シンチ、脳槽シンチ、てんかんシンチ など

PET/CT検査についてはこちら

診療科・部門

検査一覧