サイト内検索

基本情報

特徴

包括診療医は「病院のかかりつけ医」

包括診療医とは患者さんにとって、病院内で気軽に相談できる「かかりつけ医」のような存在です。病棟や救急外来において、身体的・精神的・全人的な医療を包括し、多職種協働による「患者さん中心のチーム医療」を目指しています。

包括診療医は、病棟では入院患者さんの健康管理、急変時の初期対応、さらには医療安全管理にも積極的に取り組み、救急外来では主にwalk-inで受診された患者さんの初期対応や治療を行います。

包括診療部では、総合的な診断能力だけでなく、社会性・人間性を兼ね備えた医師を育成し、今後推進される地域包括ケアシステムと関わる病院の診療医として貢献したいと考えています。

包括診療医を中心に病棟専属の薬剤師・管理栄養士と協働し、包括的な「チーム医療」を実践。

病院内では日々様々な診療が行われています。包括診療医は主治医をサポートし、多忙な業務の分散を行います。そのため主治医が忙しい場合でも、患者さんの検査結果の確認やお薬の処方、容態が急変した際の初期対応等を迅速に行うことができ、いつでも「患者さん中心の医療」が提供できる体制をとっています。

また病棟専属の薬剤師・管理栄養士と協働で患者さんのケアにあたり、包括的な「チーム医療」を実践しています。


▽ 女性医師の情報サイト「joynet(ジョイネット)」に包括診療部の働き方のケースが紹介されています。是非ご覧ください。
医師の働き方改革の切り札に!?包括診療部(院内かかりつけ医)導入によるチーム医療推進で79%のスタッフが時間外労働等の働き方に変化を感じた!|joynet(ジョイネット)

取り組み

~包括診療医の目指す姿~

  • 入院患者さん・外来患者さんに全人的な医療を提供するために、多職種協働での「患者さん中心の医療」の実現を目指します。
    地域包括ケアシステム充実のために、医療・介護・福祉施設や支援センターとの連携はもちろん、地域医療や高齢者医療に必要とされる医師の育成を目指します。
  • 包括診療医を中心に病棟専属の薬剤師・管理栄養士と協働し、包括的な「チーム医療」を実践。

病院内では日々様々な診療が行われています。
包括診療医は主治医をサポートし、多忙な業務の分散を行います。
そのため主治医が忙しい場合でも、患者さんの検査結果の確認やお薬の処方、容態が急変した際の初期対応等を迅速に行うことができ、いつでも「患者さん中心の医療」が提供できる体制をとっています。

また、病棟専属の薬剤師・管理栄養士と協働で患者さんのケアにあたり、包括的な「チーム医療」を実践しています。

包括診療医を中心に病棟専属の薬剤師・管理栄養士、といった多職種と協働で患者さんのケアにあたります。

スタッフ紹介

園田 幸生

園田 幸生

包括診療科部長

平成7年卒

副島 秀久

副島 秀久

名誉院長

昭和50年卒

星乃 明彦

星乃 明彦

包括診療科 副部長

平成9年卒

指田 由紀子

指田 由紀子

平成12年卒