サイト内検索

基本情報

お知らせ

診療の最前線

人工透析の〝常識〞を変えたい

人工透析の〝常識〞を変えたい

日本では人工透析の大半が「血液透析」ですが、じつはもうひとつの「腹膜透析」のほうが優位点が多く、当院...

手術支援ロボット「ダヴィンチ」での腎がん(腎臓がん)部分切除手術を開始

手術支援ロボット「ダヴィンチ」での腎がん(腎臓がん)部分切除手術を開始

当院では2013年3月、内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」を南九州で初めて導入。手術実績は3年間で...

特徴

腎臓科は、急性腎不全、慢性腎炎・ネフローゼ症候群・慢性腎不全・保存期から導入期・維持透析期と、腎疾患の全ての病態と病期において医療を提供できる体制で診療を行っています。特に腎不全領域については、医師・看護師・臨床工学技士・栄養士・薬剤師など多職種でのチーム医療を導入しています。

血液浄化について

当科は入院した血液透析患者の入院中の血液透析やアフェレシスを行いながら、約120名の外来維持透析/アフェレシスと約50名の腹膜透析患者の外来管理を行っています。急性血液浄化を含むアフェレシス療法も積極的に行っており、県内唯一のアフェレシス認定施設でもあります。

また安定した維持透析の命綱でもあるバスキュラー・アクセスについての診療にも力を入れており、年間約700例の手術を施行しています。2015年6月には透析シャント専門外来も開設し、質の高いバスキュラー・アクセス管理を提供しています。

腹膜透析について

末期腎不全の腎代替療法として、腹膜透析があります。生命予後の観点からも導入期からの腹膜透析は理にかなっており、チーム医療で一丸となって取り組んでいます。当院には約50名の腹膜透析患者が通院していますが、これは県内で最も多い患者数であり、これまで蓄積してきたノウハウを活かしながら診療にあたっています。

昨今、特に高齢者など、在宅医療に特化した疼痛の伴わない治療法として注目されており、患者さんから喜びの声も聞かれます。各訪問看護ステーションとも密に連携することで、質の高い医療を常に提供できる体制をとっています。

主な治療対象

疾患名 関連する疾患
泌尿器腫瘍 腎がん、腎盂・尿管がん、前立腺がん、膀胱がん、精巣(睾丸)がん
腎臓疾患 糖尿病性腎症、高血圧性腎疾患、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、急性・慢性腎不全、血液透析、腹膜透析
副腎疾患 副腎腫瘍(原発性アルドステロン症・クッシング症候群・褐色細胞腫)
副甲状腺疾患 二次性副甲状腺機能亢進症、原発性副甲状腺機能亢進症
その他 排尿障害(前立腺肥大症・神経因性膀胱)、泌尿器救急疾患(外傷・尿路感染症および敗血症・尿路結石)

症状・治療対象をもっと詳しく

検査情報

外来医師担当表

外来医師担当表はこちらから

実績

診療実績

グラフにカーソルをあてると件数が表示されます

実績詳細はこちら

研究実績

研究実績を見る(PDF)

スタッフ紹介

副島 一晃

副島 一晃

腎臓科部長 兼 臨床工学部門部長

昭和62年卒

早田 学

早田 学

医長

平成16年卒

板井 陽平

板井 陽平

平成17年卒

江口 剛人

江口 剛人

平成20年卒

山村 遼介

山村 遼介

平成30年卒

三浦 玲

三浦 玲

非常勤

平成23年卒