サイト内検索

基本情報

主な業務内容

病理検査室の主な業務は、組織診断・細胞診・病理解剖です。

組織診断

内視鏡などで採取された組織片や手術標本から、ガラス標本を作製します。これを顕微鏡で観察し、疾患の種類や拡がりなどを診断します。腫瘍性病変か非腫瘍性病変か(特に炎症や循環障害)、腫瘍の良性・悪性の鑑別などが分かります。確定診断や治療方針の決定、治療効果の判定に重要な検査です。

細胞診

体からはがれた細胞(尿や喀痰)・採取した細胞(乳腺や甲状腺など)を顕微鏡で観察し、疾患(主に腫瘍)の有無を検査します。

病理解剖

亡くなられた患者さんの病理解剖を行い、死因の究明・生前の臨床診断の適否・合併症の有無・治療効果などを判断し、最終的な病理診断報告書を作成します。

機器一覧
測定機器
密閉型自動包埋装置 エクセルシア(Thermo)
全自動染色・封入搬送システム ST5020 CV5030(LEICA)
凍結切片作製装置 クリオトーム(Thermo)
有機溶剤蒸留再生装置 バイオテック リサイクラー(CBG)
集細胞遠心装置 サイトスピン4(Thermo)
ホルマリンガス換気装置 ラミナーテーブル(興研)
カセット自動印字装置 オートライトネクストカセットプリンタ(SAKURA)
プレパラート自動印字装置 ファインフロストプリンタミニ(松浪ガラス工業)

スタッフ紹介

神尾 多喜浩

神尾 多喜浩

部長

昭和62年卒

佐野 直樹

佐野 直樹

平成22年卒

田中 一仁

田中 一仁

平成30年卒

富田 文子

富田 文子

技師長