サイト内検索

基本情報

お知らせ

特徴

栄養部理念

早期から質の高い栄養管理を行い治療に貢献する

基本方針

  1. 病棟に常駐することで専門性を発揮しチーム医療を推進する
  2. 病態に応じて安全・安心で満足度の高い食事を提供する
  3. 地域医療と連携を図り、早期回復・社会復帰を支援する
  4. 向上心を持って自己啓発に努め、信頼される医療人を目指す

疾患における治療の根本として「栄養」が重視されています。当院でも栄養管理に力を注ぐべく、さまざまな専門分野のスタッフが集まった栄養管理チーム「NST」(Nutrition Support Team)を2001年より発足し、活動を行っています。
治療の基本となる栄養の部分において、最適な治療食等の提供、入院中および外来における栄養相談など、患者さんの状態に合わせて幅広くサポートします。

主な業務内容

管理栄養士の病棟常駐

すべての病棟に管理栄養士が常駐し、他職種と協力しながら栄養管理を実施しています。管理栄養士が常に病棟にいることで、患者さんと接する時間が増え、他職種との情報共有もタイムリーに実施できるため、より早期に、きめ細やかな栄養管理が可能となっています。

食事提供

患者さんの病態に応じた栄養量・形態の食事を提供いたします。また適切な衛生管理と、各種ガイドラインに則った、安全・安心で満足度の高い食事が提供できるよう日々取り組んでいます。
その他、お正月・クリスマスなどの行事食や、イベントに合わせた手作りデザートサービスなど、食事を楽しんでいただける工夫も行っています。

管理栄養士による個別対応

食欲低下や低栄養のリスクがある場合は、管理栄養士が直接ベッドサイドにお伺いし、患者さん一人ひとりの病態に合わせて対応します。楽しみであるべき食事が苦痛にならないよう、またご要望にできる限りお応えできるよう取り組んでいます。

栄養相談

生活習慣病、術前・術後、がん、低栄養、摂食嚥下障害など、さまざまな疾患や病態に対応する栄養相談を、入院および外来で行っています。

【入院個別栄養相談】
入院時は、入院中の食事説明を行います。また今までの食生活についてお尋ねし、形態等適切な食事提供が行えるよう確認いたします。退院時は、ご自宅に戻られてからの食事療法を中心にご説明いたします。

【外来個別栄養相談】
病態に応じた ご自宅での食事療法についてご説明いたします。
入院が予定されている場合は、ベストな状態で手術・治療が受けられるよう、また患者さんの不安を軽減できるよう、事前に外来でご説明しています。

NST(栄養サポートチーム)活動

専門の知識を習得した多職種のスタッフが集まり、患者さんの栄養管理を行います。感染症・褥瘡(じょくそう)など、栄養不足による治療の遅れが引き起こす疾患を予防し、必要に応じて栄養強化なども行い、患者さんの早期回復のお手伝いをします。

実績

診療実績

実績詳細はこちら

研究実績

研究実績を見る(PDF)

スタッフ紹介

松尾 靖人

松尾 靖人

栄養部 部長代行

平成10年卒