サイト内検索

基本情報

診療の最前線

救急車からの心電図・画像伝送システム 本格稼働開始!

救急車からの心電図・画像伝送システム 本格稼働開始!

2018年11月1日、当院は県内初となる「クラウド型12誘導心電図伝送システム」の本格運用を開始しま...

特徴

臓器別専門分野の枠を超えた、専門的な診断・治療を行います

ICUには、複数の臓器にまたがる疾患を持つ患者さんが多く入院されます。このことから、臓器別の専門分野を超えた、総合的な全身管理を行える体制が必要となります。これはすべての急性期医療機関に共通する課題です。

当院ではこの課題を克服するため、より新しい形の集中治療体制を構築しています。

運営体制

専属の集中治療医が24時間常駐する「Closed ICU」を核としながら、集中治療医それぞれが持つ臓器別専門性を活かし、チームを組んで診療に当たる『Multidisciplinary ICU』を採用しています。全国的にも数少ない、新しいスタイルの集中治療室です。

Multidisciplinary ICUには各診療科の専門医や修練医が集まっているため、専門家の考え・意見を広く聞くことができ、他のスタッフもさまざまな技術を習得できる環境となります。

主な業務内容

当院は年間9,800件を超える救急車搬送を受け入れる急性期病院です。ドクターヘリの受け入れやドクターカー(Mobile CCUと呼んでいます)によって、県内のみならず近隣県からの急患以来にも対応しています。JCI認証を受けるなど、質管理にも力を入れています。

当院は以前より循環器科重症疾患患者の占める割合が多く、当院の集中治療室は、いわゆるCCUとしてスタートしました。昨年は、急性大動脈解離 75例、急性冠症候群 211例、心不全 300例以上が入室となりました。しかし最近、他科の手術件数の増加や重症度の上昇などが目立つようになり、いわゆるgeneral ICUとして機能を拡張して行く必要があると考えております。

集中治療室といえば、麻酔科医や外科医が中心となることが多いと思いますが、当院は歴史的に循環器内科・心臓血管外科が中心となって活動している、全国でも珍しい施設です。

今後はgeneral ICUにシフトしていきますが、これまでCCUで培った心血管・循環管理のノウハウを十分に活かし、また心血管以外の全身管理の基礎を心血管系疾患診療に還元していけると思います。

実績

診療実績

実績詳細はこちら

研究実績

研究実績を見る(PDF)

スタッフ紹介

澤村 匡史

澤村 匡史

集中治療室長

平成4年卒

髙志 賢太郎

髙志 賢太郎

集中治療室副室長

平成9年卒

鵜木 崇

鵜木 崇

医長

平成18年

山室 惠

山室 惠

平成9年卒

村田 英隆

村田 英隆

平成17年卒

飯尾 純一郎

飯尾 純一郎

平成23年

髙木 大輔

髙木 大輔

平成23年卒

中村 悠太

中村 悠太

平成24年卒

中山 智子

中山 智子

平成24年卒

大西 史峻

大西 史峻

平成26年卒

亀谷 智子

亀谷 智子

平成27年卒

松浦 純也

松浦 純也

平成27年卒

尾崎 諒吏

尾崎 諒吏

平成30年卒

鶴﨑 祐太

鶴﨑 祐太

平成30年卒

松山 結衣

松山 結衣

平成31年卒

続きを表示