サイト内検索

がん診療

化学療法

化学療法
化学療法

化学療法は、抗がん剤を使う治療方法です。薬の服用や注射によって、がん細胞が増えるのを抑えたり、がん細胞を壊したりする作用が期待できます。当院では肺がん・胃がん・大腸がん・乳がん・膵がん・悪性リンパ腫・白血病など、さまざまながんの化学療法に取り組んでいます。点滴による投薬治療を中心に、患者さんの症状に応じた疼痛緩和も行っています。

化学療法の実施体制

腫瘍内科医を中心に各診療科の医師が協力して治療方針を検討し、診療を行っています。​
また、治療のみでなく患者さんやご家族の支援についても力を入れて取り組んでおり、副作用はもちろん、身体的な痛みや精神的な不安、生活における不安など、患者さんや家族のサポートにも対応できる体制を整えています。

レジメン一覧

レジメンとは、がん薬物療法における抗がん剤・輸液・支持療法薬(制吐剤など)を、どのように投与するかを定めた時系列的な治療計画を指します。下記ボタンをクリックするとPDFが開きます。

  • 本レジメン集は、済生会熊本病院がん対策委員会にて審査・承認されたレジメンの概略を示しています。医療従事者(医師、薬剤師、看護師等)が参照することを目的として公開しており、他の用途での使用は想定しておりません。
  • 本レジメン集には、経口薬のみのレジメンは含まれておりません。
  • 投与量や投与スケジュール、支持療法は患者さんの状態により変更される場合があります。患者さんに対しては、パンフレット等を用いて、実際の投与内容やレジメン情報についてご説明しております。ご不明な点があれば、医師または薬剤師へお尋ね下さい。
  • レジメン集の内容は随時更新しております。
  • レジメン内容に関してご不明な点がありましたら、外来がん治療センター 化学療法室の薬剤師までお問い合わせください。

(2020年6月1日現在)