サイト内検索

がん診療

がんゲノム医療

がんゲノム医療
がんゲノム医療

正常の細胞は、核の中にカラダの設計図であるゲノムというものを持っています。このゲノムの中で、特にタンパク質に関係した部分を遺伝子と呼び、遺伝子には2万あまりの種類があることが分かっています。がんが生まれる主な原因はこの遺伝子の異常、すなわち遺伝子に傷が入ることだとされています。そのため、最近は、がんの遺伝子を検査してこの傷を調べることで、特定のがんの診断や、追加治療の必要性の検討や、効果が高そうな薬物治療(抗がん剤)の選択の補助に用いることができるようになってきています。これをがんゲノム医療と呼び、以前から叫ばれている、個別化医療の一つで、このような個々の患者さんのがんの性質に合わせた治療が行えるようになってきています。

どのような検査を行うのか

たとえば肺がんの場合、遺伝子の変異によってがんを分類し、それぞれ異なる治療を行います。しかしそれには、ひとつひとつの遺伝子を順番に調べる必要があり、時間がかかっていました。「がん遺伝子パネル検査」とは、このような従来のやり方とは異なり、100種類以上のがんの遺伝子を一度に調べる検査です。患者さんのがん細胞に含まれる遺伝子の情報を、次世代シークエンサーという装置で調べます。

がんゲノム医療はどこで受けられるのか

厚生労働省が指定する病院で、がん遺伝子パネル検査に基づく診断・治療が行われます。熊本県内では、当院と熊本大学病院の2カ所です

当院のがんゲノム外来受診方法についてはこちら