サイト内検索

基本情報

診療の最前線

膵臓がん(すい臓がん)の外科手術

膵臓がん(すい臓がん)の外科手術

膵臓がんは、がんの発生部位別死亡数において、男性で第5位、女性では第4位となっており、男女ともに増加...

特徴

当センターの手術の約4割は緊急手術であり、救命救急センターと密に連携して手術を実施しています。また、予定手術については消化器内科医の診断後、消化器内科・放射線科・外科で合同カンファレンスを行い、安全で適切な治療方法を実施できるよう体制を整えています。

外科全体の約3割は悪性腫瘍の手術であり、大きな特徴は、肝臓がん・胆道がん・膵がん等の高難易度手術を行うhigh volume center(多数例を手術する施設)であることです。日本肝胆膵外科学会高度技能医制度認定施設として、高度技能指導医1名のもと安全に肝胆膵領域の悪性腫瘍手術を行っています。

胃がん・大腸がんの早期がんに対しては、患者さんにとって負担の少ない腹腔鏡手術を施行しており、胃がん手術の約5割、大腸がん手術の約7割を腹腔鏡手術で行っています。

診療スタッフ・診療実績などの詳細は、科のページをご参照ください。

症状・治療対象をもっと詳しく

検査情報

診療科・部門