サイト内検索

基本情報

診療の最前線

ハイブリッド手術室

ハイブリッド手術室

2013年4月8日、 熊本県で初めて、ハイブリッド手術室を稼働しました。ハイブリッド手術室とは、手術...

特徴

中央手術部では、常勤麻酔科医11名が治療にあたっています。うち7名が麻酔科指導医、2名が麻酔科専門医、2名が麻酔科認定医の資格を有しています。また心臓手術に欠くことのできないモニター「経食道心エコー」に関する認定資格も、2012年4月現在、7名が取得しています。
充実したモニターを駆使し、麻酔科医・手術室看護師・臨床工学技士が十分なケアを行うことで、患者さんの安全を守っています。

主な業務内容

術前診察

手術前の注意事項や麻酔の合併症・麻酔の種類などを記載した『麻酔を受けられる方へ』パンフレットを作成しています。手術についての理解を深めていただくことで、患者さんとご家族の不安をできる限り取り除けるよう心がけています。

術中・術後管理

心臓血管外科・脳神経外科の生命に直接関わる大手術を始め、緊急・外傷・高齢者・腎不全・心不全など、当院で行われる手術は高リスクな症例で占められています。常に高いレベルでの麻酔管理を要求されるため、全スタッフが常に新しい知識を習得できるよう努めています。

新しい全身麻酔薬による麻酔法や脊麻針(注1)の導入などにより、日帰りやそれに準ずる手術にも対応できるようになりました。手術後の鎮痛に関してもご満足いただけるよう、適切な鎮痛・鎮静剤の投与や硬膜外麻酔(注2)の併用などに取り組んでいます。

(注1)脊麻針は、脊椎麻酔後における頭痛の発生が非常に減少します。
(注2)硬膜外麻酔とは、髄からやや遠い場所に麻酔をかけることです。効き目は若干弱くなりますが、細菌感染の危険性が少なくなります。

実績

診療実績

実績詳細はこちら

研究実績

研究実績を見る(PDF)

スタッフ紹介

原武 義和

原武 義和

副院長 兼 中央手術部長 兼 麻酔科上席部長

昭和62年卒

加藤 清彦

加藤 清彦

部長代行

昭和63年卒

國徳 裕二

國徳 裕二

中央手術部副部長

平成5年卒

藤田 ミキ

藤田 ミキ

医長

平成12年卒

村上 幸太郎

村上 幸太郎

医長

平成16年卒

中原 依里子

中原 依里子

平成15年卒

堤 茂高

堤 茂高

非常勤

平成21年卒

中野 伸彦

中野 伸彦

平成22年卒

長濱 志帆

長濱 志帆

平成25年卒