サイト内検索

センター・診療科・部門

カテーテル・低侵襲血管内治療センター

センター・診療科・部門

基本情報

お知らせ

特徴

より低侵襲な治療を目指して

血管治療は、カテーテルという特殊な細い管状の医療器具を血管内に挿入して行う治療です。医療技術の進歩に伴い対象となる疾患は増えており、従来の外科手術に比べて患者さんの体の負担を軽減することが可能です。

センターでは患者さんにより低侵襲な治療を提供することをその使命としています。

複数診療科の専門医が在籍し、全身の血管内治療を担当

当センターでは脳から下肢までの全身の血管内治療を担当しています。関連する複数の診療科の専門医が在籍しており、診療科の枠を超えて技術の共有を行うなど、患者さんに安心して治療を受けて頂ける体制を目指しています。

 

  • カテーテル・低侵襲血管内治療センターの英語表記
    Catheter Less Invasive Endovascular Treatment Center
    の頭文字をとって、略称はCLIEVTC(クリーク) です。

カテーテル・低侵襲血管内治療センター(特設サイト)はこちら

主な治療対象

領域 診療内容
脳血管 脳動脈瘤に対するコイル塞栓術
脳梗塞に対する血栓回収術
内頚動脈狭窄症に対する頚動脈ステント留置術
大動脈 大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術(TEVAR・EVAR)
肺動脈 慢性肺血栓塞栓性肺高血圧症に対するバルーン肺動脈形成術(BPA)
末梢血管 透析の内シャントに対するPTA
下肢動脈 下肢の動脈閉塞に対する経皮的下肢動脈形成術(EVT)
腹部血管 腹部血管疾患に対する血管内治療(腹腔内動脈に対する塞栓術、肝血管内治療など)
その他 緊急止血

外来医師担当表

外来医師担当表はこちらから

スタッフ紹介

坂本 知浩

坂本 知浩

副院長 兼 循環器内科上席部長 兼 医療情報部長 兼 カテーテル・低侵襲血管内治療センター長
冠動脈治療部門 / 構造的心疾患治療部門

昭和62年卒

池田 理

池田 理

心臓血管外科特別顧問 兼カテーテル・低侵襲血管内治療センター特別顧問

平成3年卒

田口 英詞

田口 英詞

循環器内科副部長 兼 カテーテル・低侵襲血管内治療センター副センター長
冠動脈治療部門 / 末梢・肺血管治療部門 / 構造的心疾患治療部門

平成9年卒

工藤 康一

工藤 康一

消化器内科副部長 兼 カテーテル・低侵襲血管内治療センター副センター長

平成6年卒

加治 正知

加治 正知

脳神経外科副部長 兼 カテーテル・低侵襲血管内治療副センター長

平成8年卒

豊福 尚旦

豊福 尚旦

平成27年卒

出田 一郎

出田 一郎

心臓血管外科副部長

平成3年卒

佐々 利明

佐々 利明

包括診療科医長

平成13年卒

天達 俊博

天達 俊博

平成18年卒

長尾 洋一郎

長尾 洋一郎

脳神経内科医長

平成24年卒

川野 雄一朗

川野 雄一朗

救急科医長

平成20年卒

早田 学

早田 学

腎臓科医長

平成16年卒

重松 良典

重松 良典

放射線科部長

平成4年卒

安田 剛

安田 剛

放射線科副部長

平成5年卒

続きを表示