サイト内検索

基本情報

お知らせ

診療の最前線

遺伝子情報を調べて、オーダーメイドのがん治療を提供

遺伝子情報を調べて、オーダーメイドのがん治療を提供

治療法が見つからない患者さんと有効な治療薬をつなげる「がんゲノム医療」がんゲノム医療とは、患者さんの...

通院日数を減らし 日々の生活に寄り添う、乳がん放射線治療の新たな選択肢~「寡(か)分割照射」

通院日数を減らし 日々の生活に寄り添う、乳がん放射線治療の新たな選択肢~「寡(か)分割照射」

仕事や育児を行いながら治療する方の新たな選択肢に乳がんの手術後は、再発を防ぐために放射線治療を行うこ...

特徴

がんの薬物療法・緩和療法を中心とした疾患の治療を担当します

当科は、がんの薬物療法・緩和療法を担当しています。 また、2020年4月1日から、横断的にがん診療を統括する組織として、66名の多職種(10職種)から構成された「集学的がん診療センター」が発足しました。

「集学的」とは、それぞれ異なる領域(分野)を専門とする複数の医師や医療専門家による治療計画を立案する取り組み、あるいはそのようなチームをあらわす用語として使用されています。
当科は、当センター内で他科や他職種とともに、一体となってがん診療に取り組んでいます。

がんの薬物療法・緩和療法をすべて担当しています

現在のがんの治療は、手術、放射線、薬物療法などいくつかの治療法を組み合わせる集学的治療が主流になっており、その人のがんの特性や体質などに応じた治療と様々なサポートが必要となります。
総合腫瘍科は、それぞれの領域・分野の専門医師が一堂に会した診療科です。
患者さんの状況や希望に応じて、多角的な視点で治療や支援を実施することができ、他の診療科とも連携・協同し、患者さん中心の診療を行います。

主な治療対象

疾患名 関連する疾患
悪性腫瘍 肺がん、横隔腫瘍、白血病、悪性リンパ腫、胃がん、結腸がん、直腸がん、膵がん、胆管がん、胆のうがん、腎がん、腎盂がん、尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、乳がん、卵巣がん などに対する薬物療法および緩和療法

症状・治療対象をもっと詳しく

検査情報

外来医師担当表

外来医師担当表はこちらから

実績

診療実績

実績詳細はこちら

研究実績

研究実績を見る(PDF)

スタッフ紹介

坂本 快郎(手術担当・薬物療法担当)

坂本 快郎(手術担当・薬物療法担当)

総合腫瘍科部長
集学的治療室長

平成10年卒

菅 守隆

菅 守隆

集学的がん診療センター長
総合腫瘍科特別顧問
呼吸器内科特別顧問

昭和48年卒

金光 敬一郎(緩和ケア担当)

金光 敬一郎(緩和ケア担当)

緩和ケアセンター長

昭和54年卒

小田 尚伸(薬物療法担当・ゲノム医療担当)

小田 尚伸(薬物療法担当・ゲノム医療担当)

総合腫瘍科がん先端医療推進部長
がんゲノムセンター長

平成元年卒

森北 辰馬(がん薬物療法担当)

森北 辰馬(がん薬物療法担当)

診療技術教育部長

平成2年卒

田中 秀幸(手術担当)

田中 秀幸(手術担当)

総合腫瘍科副部長

平成11年卒

窪 文彦(精神腫瘍担当)

窪 文彦(精神腫瘍担当)

総合腫瘍科医長

平成10年卒

三井 士和(がん薬物療法担当)

三井 士和(がん薬物療法担当)

総合腫瘍科医長

平成21年卒

川﨑 麗苗(がん薬物療法担当)

川﨑 麗苗(がん薬物療法担当)

総合腫瘍科医長

平成14年卒

齋藤 哲雄(放射線治療担当)

齋藤 哲雄(放射線治療担当)

総合腫瘍科医長

平成16年卒

髙橋 英徳(手術担当・薬物療法担当)

髙橋 英徳(手術担当・薬物療法担当)

総合腫瘍科医長

平成18年卒

濵﨑 俊輔(手術担当・薬物療法担当)

濵﨑 俊輔(手術担当・薬物療法担当)

総合腫瘍科医長

平成20年卒

松下 祐三(がん薬物療法担当)

松下 祐三(がん薬物療法担当)

平成22年卒

吉武 淳(緩和ケア担当)

吉武 淳(緩和ケア担当)

非常勤

平成5年卒

佐々木 瑠美(遺伝カウンセリング担当)

佐々木 瑠美(遺伝カウンセリング担当)

非常勤

平成14年卒

稲尾 瞳子(乳腺外科担当)

稲尾 瞳子(乳腺外科担当)

非常勤

平成15年卒

続きを表示