サイト内検索

済生会熊本タイムズ

地域に最先端の医療をいち早く提供する当院の取組みや様々な情報をご紹介します。

済生会熊本タイムズ
済生会熊本タイムズ

経皮的冠動脈形成術(PCI)の日帰り治療

当院では経皮的冠動脈形成術(PCI)の日帰り治療を行っています。
心臓カテーテル治療のうちPCI(経皮的冠動脈インターベンション)においては、当院では日帰り(外来)での治療にも対応しており、入院が不要となり早期に社会復帰が可能です。

経皮的冠動脈形成術(PCI)の日帰り治療

心臓カテーテル治療のうちPCI(経皮的冠動脈インターベンション)においては、当院では日帰り(外来)での治療にも対応しています。

 

血管造影室で治療中

PCI治療とは

動脈硬化などにより、血液の中の脂肪やコレステロールが固まり(=プラーク)血管を狭窄した状態の心筋にアプローチすることで治療します。 

プラークが血管の内側にこびりついて血管が細くなり、心臓の筋肉(心筋)に血液を流す「冠動脈」とよばれる血管の動脈硬化が進行し、血管が細く狭くなると、その先の心筋細胞に十分な血液が供給できなくなります。このように、心筋細胞が一時的に血液不足に陥った状態(虚血)となります。

心臓へ流れる血液が不足すると、「狭心症」や「心筋梗塞」といった虚血性心疾患と呼ばれる病にかかります。症状としては、胸が痛いなどの症状が出現し、重症になると命に関わる危険性も出てきます。

日帰りPCIの治療の概要

  • 腕の動脈(橈骨動脈)から細い管(カテーテル)を通します。
  • 造影剤を目的の血管に流しながらX線撮影します。
  • 血管が狭くなったり詰まったりしている血管を広げ血管を押し拡げ、血流を取り戻す治療を行います。

治療前・治療後の冠動脈の比較

術前から当日、帰宅後までの流れ

 

患者さんの声

  • 日帰りで帰宅できるため、良かったです。帰宅後も電話訪問などのケアがありますので、安心して治療に専念できました。

日帰り治療に関する質問はこちらをご覧ください。

関連する「よくあるご質問」

新着情報