サイト内検索

済生会熊本タイムズ

地域に最先端の医療をいち早く提供する当院の取組みや様々な情報をご紹介します。

済生会熊本タイムズ
済生会熊本タイムズ

TAVI(経カテーテル的大動脈弁植え込み術)

TAVI(TAVI治療)とは?

Transcatheter Aortic Valve Implantation の略語で、「経カテーテル的大動脈弁植え込み術」と訳されます。
2002年にフランスで初めて治療応用に成功し、欧米を中心にこれまで9 万例近い治療が行われて来ました。
人工心肺を使わずに経カテーテル的に大動脈弁治療を行う事が可能であるため、これまで手術がきわめて困難であった症例に対して、治療を行う事が可能となりました。

適応

動脈硬化性に進展する重症の大動脈弁狭窄症で、主に胸痛や失神、息切れなどの症状を有する症例が主な対象となります。
TAVI治療の可否につきましては、当院の専門の医療チームで判断致しますが、一般的には下記のような症例は積極的なTAVIの適応と思われます。

大動脈弁口面積1㎠以下の症例で、

  • ご高齢の患者さん(概ね80歳以上)
  • 過去にバイパス手術などの開胸手術の既往がある方。
  • 胸部の放射線治療の既往がある方。
  • COPDなどの呼吸器疾患合併がみられる方。
  • 肝硬変などの肝疾患合併がみられる方。
  • 1年以上の予後が期待できる悪性疾患合併がみられる方。

など

治療

開胸手術をせずに太ももの付け根の血管等、または肋骨の間を小さく切開して心臓の先端 (心尖部)より、心臓が鼓動している状態で、折りたたまれた生体弁を、専用のカテーテルで心臓の中まで運び、バルーンを膨らませて大動脈弁の位置に留置する治療します。
右室心尖部にて一時的にペーシングを行い、バルーン拡張を行います。

 

以下当院TAVI特設サイトよりで詳細はご覧頂けます。

TAVI特設サイトはこちら

担当部署:
医療福祉相談室(患者さん)TEL:096-351-8524
地域医療連携室(医療機関) TEL:096-351-8372 / FAX:096-351-8505

あわせて読みたい

新着情報