サイト内検索

病院からのお知らせ

「大動脈弁狭窄症」に新しい治療法!~スーチャレス生体弁置換~

心臓弁膜症の一つ「大動脈弁狭窄症」の治療として、
「スーチャレス生体弁置換」を2021年2月より開始しました。
※人工弁を縫合(sutureスーチャ)せず(lessレス)に弁置換が可能。

【スーチャレス生体弁置換のメリット】

  • 弁を縫合する必要がないため、手術中に心臓を停止させる時間が短くなり、身体への負担が軽くなる
  • 将来、高齢などの理由で再手術が難しい場合でも、カテーテル(TAVI)による弁置換手術を受ける選択肢が残される
スーチャレス生体弁

大動脈弁狭窄症

心臓弁に異常が生じる「弁膜症」の一つ。
動脈硬化などで大動脈弁口(血液が心臓から出て行く出口)の開きが悪くなり、狭くなることで、心臓から全身に血液を送り出せなくなり、軽症では自覚症状がほとんどありませんが、症状が進むと胸痛や安静時でも息切れがするといった症状が現れ、重症化すると失神、場合によっては突然死に至ることもあります。

大動脈弁狭窄症に関して詳しくはこちら

新着情報