サイト内検索

医療情報調査分析研究所

研究所(MIRAI)開設にあたり

この度、医療情報の調査分析を目的に研究所を設立することとなりました。当院では長年、クリニカルパスの研究を積極的に行い、医療の質向上に努めてまいりました。また、クリニカルパスの電子化についても、BOM※1の原型であるアウトカムマスターの開発や、バリアンス収集可視化機能を持つNECV※2の開発などに注力してきました。その最終形が国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)よりご支援を頂いたePathプロジェクト で、多くの皆様のご協力で、医療機関やベンダーを越えてパスのみならずDPCや検査、薬剤などの膨大なデータを紐づけ統合的に解析できる基盤が構築されました。 

Real world data を集める仕組みは出来上がりました。これからはこうしたデータをいかに解析し、それぞれの医療機関の質向上にどのように活用するか、さらに広げて社会に貢献できるかが課題です。研究所の目的はさまざまありますが、最も大きな目的はデータ解析人材を育成することにあると確信しています。COVID-19のパンデミックで図らずも、わが国のIT化が諸外国に後塵を拝し、科学技術立国と言う看板さえも危うくなっています。データ解析人材の育成は急務なのです。 

幸い、ePathプロジェクトでは多くの研究者と交流を持つことができ、人脈が出来上がりました。研究所には外部の人材も参加していただき、開かれた環境のもとで楽しく厳しく議論をし、新しいものを生み出していきたいと考えております。データに興味のある方、データを利用して研究をしたいという方はいつでもwelcomeです。遠慮なく研究所の門をたたいてください。 

「イノベーションは科学より先に生まれる」と私の好きな作家マット・リドレーは述べています。最初のアイデアは研究者が研究室から生み出すのではなく、常に問題意識を明確に持った現場人から生まれるのです。この研究所が現場とアカデミアをつなぎ、あらたな発火点となることを確信しています。 

MIRAI 所長 副島秀久

1 日本クリニカルパス学会監修 患者状態アウトカム用語集Basic Outcome Master®(ベーシックアウトカムマスター®)

2 NECとの共同開発 新型電子クリニカルパス分析ビューワ(Novel Electronic Clinical Pathway Analysis Viewer)

MIRAIとは

「Medical Information Research & Analysis Institute」の略である。

コンセプト

  • 地球から昇る太陽のイメージから未来を表現
  • 地球のカーブと統計で用いる曲線を同時に表現

目的

医療・医学・福祉に関する情報を調査・分析し、その結果を各組織にフィードバックしそれぞれの理念実現を支援し価値を高める

事業内容

医療プロセス分析

  • クリニカルパスをベースにバリアンス分析を行い、現場にフィードバックする
  • ETLやBIツールを駆使し、データセットの自動化や可視化を行い、継続的に分析を行う

学会活動支援

  • 発表内容を把握し、必要なデータソースを提示する
  • 発表内容に応じ、データ収集、解析支援する

医療情報マスター作成・維持管理

  • BOMを作成・維持管理する
  • 院内で使用する標準マスター(薬剤・検査マスター)を作成・維持管理する

各種学術調査・研究参加

  • 各種学会の学術的な調査や依頼、研究参加に対応し支援する
  • 済生会本部の依頼に対応し支援する

外部資金の導入・研究受け入れ

  • AMED、経済産業省、厚生労働省など国からの補助金を受け入れ、研究する。
  • 企業、財団などからの助成金を獲得し、研究する

経営資料分析とコンサルタント

  • クリニカルパス作成、運用を支援する
  • BOM導入、活用を支援する